「House Mz」が2015年度 富山県建築賞を受賞しました。

家族がいつも集まっていたくなるようなファミリー空間を創りたい。
そんな思いで設計のスケッチを重ねたHouse Mz.
結果的にはそれはリビングの居心地の良さの追求でした。

完成してから2年半が経ち、子どもたちも大きく成長しました。
家に帰ってくるのが楽しいです、とお聞きすると住まいの持つ力を少し感じます。
街なかに静かに佇むこの家で2シーズンを過ごされた建主さんは、この家が
家族の共感を伴にする存在となってきている、と感じておられるようです。
そんな愛する我が家が今回の栄を受けたことをたいへん喜んでくださり、
設計者としても嬉しい出来事となりました。

設計をするチャンスをいただいた建主さん、このプロジェクトをいっしょになって
作り上げていただいた施工会社さん、現場監督さん、職人のみなさんには改めて心
よりお礼を申し上げます。