玄関が道路から見えない、京都の路地のような奥まった所に
玄関のある住宅が完成しました。しかもそこは中庭を通った
先にあるのです。

この家は中心市街地に建つ若い夫婦と子どもたちの家。
敷地は南北に細長く(しかも台形状の変形地)前後が道路に
接しており東西は隣家が近接しているという典型的な中心市
街地の宅地です。
ご要望の部屋を落とし込んでプランをレイアウトしてみると
コレがなかなか難しい。台形のしかもその間口が狭いことが
素直なプランを許さないという言ってみればチャレンジしが
いのある敷地だということがわかりました。
この間口の狭さを克服する何らかのアイデアが必要です。
いろいろと試行してたどり着いたアイデアが中庭をつくり奥
まった暗いLDKを明るい空間にするということ。しかもその
中庭に面して玄関を配置するというアイデアも加えました。
本来なら玄関位置は公共性の高いところに作るというのがプ
ランの基本ですが、この家はプライバシー度の高い奥まった
中庭を通った先に玄関があります。つまり中庭に玄関を同居
させるという案でした。今回の住宅の玄関は誰でもいつでも
入ってこられるような玄関空間ではなくマンションにあるよ
うなセキュリティ度を高めた玄関空間をつくることにより中
庭としてのプライバシー度を高め、入ることが許された来客
にとっては緑さわやかな中庭の先にある玄関に到着するとい
うアイデアです。
このプランをもっと使いやすくするために、多用途な土間空
間やポーチ空間を玄関の両サイドに設け、日常生活がスムー
ズになるような動線も作りました。

敷地の制約が生み出したこのアイデア。これによって隣家か
らプライバシーを守り室内への採光も確保することができま
した。中庭玄関(エントランスコート)はこの家の大きな特
徴となりました。